2016年03月04日

第4回 支出・収入ボタンの実装

前回に続いて今回は【収入・支出ボタン】の処理を実装しました。

収入・支出ボタンの実装


これら2つの処理はほぼ同じなので同一の関数で処理しちゃいます。
その前に、収入か支出か判断をしなけれないけないので、xmlファイルにあるそれぞれのボタンにタグ付けを行います。


今回は、収入ボタンに「in」支出ボタンに「out」とタグ付けをしました。
あとはif文かswitchで場合分けをします。

お次はjavaでの処理です。


※本当はアラートダイアログとかファイルに書き出すとかまだまだあるけど説明の都合上、判定処理のみにしています。
※アラートダイアログについては後で忘備録に書いておきます。

さて、さっきタグ付けをした文字列はif文の中で取得しています。
これが「out」の場合はファイルに「−」にし、「in」の場合は入力金額をそのまま書き出します。
入力金額を「0」にするのも忘れずに!

次回は、「本日の使用金額」を実装してみたいと思います!



posted by ウィンナス at 00:02| Comment(0) | マネチョキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

第3回 数字ボタンの実装

前回に続いて今回は【数字ボタン】の処理を実装しました。

数字ボタンの実装


初めに数字ボタンの実装です。

まずは、0〜9、キャンセルボタンのタグと入力テキストを取得します。
ちなみにxmlファイルは↓↓のようにしました。※一部分です

タグは[android:tag="1"]で各ボタンにタグをつけてjavaで呼び出します。
テキストは[android:id="@+id/input_text"]を設定してjavaで呼び出します。

数字ボタンの処理は↓↓のようにしました。

[String btn = view.getTag().toString();]で先ほど設定をしたタグを取得します。
[TextView txt = (TextView)findViewById(R.id.input_text);]でテキストを取得します。

キャンセルボタンが入力された場合テキストを「0」にしてメソッドを終了します。

テキストが「0」だった場合、取得したタグをそのまま書き出します。
テキストが「0」以外だった場合、テキストの後ろにタグを追加します。
例えば、テキストが「12」のとき「3」を入力したら

文字列のまま

追加します。

次回は支出・収入ボタンの処理を行いたいと思います。


posted by ウィンナス at 16:50| Comment(0) | マネチョキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。